2005年 06月 27日
通訳のお仕事?
昨日驚いたことに近い将来ロバート・デニーロが日本で映画を撮る予定があるとのことで、ある人物からその時に通訳をお願いするかもしれないとの話がきました。きつねにつままれたような話です。疑ってはその人に失礼になりますので、信用しておきます。

夢は膨らむ!
ロバート・デニーロがハンサム(昔は橋幸夫、そんなの知らないって?今は志村けんに似ていると言われています。)な私の英語にも関心し、おまえも映画に出てみないか?と誘う。
とまどいながらも表面ではしぶしぶOKする。
脇役ながら日本人としてのハリウッド映画デビュー。Luke Sumoriの名前が一躍日本で有名になる。
道を歩くたびにサインを求められ、沿道の若い娘が私を見るとキャーキャー騒ぐ。
やがてジュリア・ロバーツとの競演依頼がくる。

55歳のおじんになってもこんな発想をする自分は気が狂っているのでしょうね。驚き、桃の木、山椒の木。あっしがボブ・デニーロの通訳?たまには楽しい話が舞い込んでくるものですね。楽しみながら英語人生を歩んでいます。この記事を読んで大笑いしている君!これが実現して、知り合い顔をしても絶対無視!

2005年5月12日
昨日はホワイトハウス周辺の飛行禁止エリアに小型飛行機が飛来して、戦闘機とヘリコプターがスクランブル発進をしましたね。911以来アメリカもテロへの警戒が強くなっていますね。結局練習中の小型機が間違って侵入しただけでしたが、計器等の異常もあったようです。ホワイトハウスの職員全員が非難をするという大変なものでした。CNNを見ていてなぜかあわてた様子がおかしく見えてしまいました。日本は国会議事堂や皇居等の飛行制限はどうなっているのでしょうね。アメリカほど危機管理はできていないのかな?ホワイトハウスには地下にも設備があり、大統領等は緊急の場合はそこに非難することにもなっています。
[PR]

by luke-sumori | 2005-06-27 15:48 | コミュニケーション広場


<< TOEIC      究極のシンクロ >>