カテゴリ:達人( 1 )

2005年 04月 27日
同時通訳者
昔の経験です。ある日同時通訳の先生に頼んで国際会議の同時通訳に同席させていただきました。大きな会議室で同時通訳のブースは二階から下の会議室が望めるようになっていました。ガラス張りで豪華な設備に驚きました。その当時のテープレコーダはリール式で、先生は必ず自分の通訳内容を録音していました。きっとそれを持ち帰り反省とかに利用していたのでしょうね。英語から日本語、日本語から英語とその当時は両方を一人で受け持っていました。1時間ちょっとの会議でしたが、マイクに向かってすらすらと英語や日本語が出てきていました。ほんとうにすごいと思いました。ある時、テープレコーダのテープが片方に巻き取られてしまいました。先生は動じることなく、通訳をしながらそのリールを逆にしていました。これにもびっくり。通訳以外のことをしながら同時通訳。神業としか思えませんでした。世の中には達人がいる。この目ではっきり見て、体が震えました。こんな経験は味わったことがありませんでした。自分は達人にはなれなかったけれど、このようないろいろな人々に出会えたことが刺激となり、英語の道も歩めたのだと出会いの大切さを今ながら実感しています。良い人に出会う、良い物に出会う、このことがとても大切ですね。たぶんブログも同じでしょうね。いろいろな出会いがありますが、良い人たちとの出会いが大切だと思います。
[PR]

by luke-sumori | 2005-04-27 10:59 | 達人