<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2005年 06月 28日
TOEIC
昨日TOEICを受けてきました。なかなか大変なもので2時間の集中力は疲れました。英検は20数年前に受けていますが、TOEICなるものは初めてでした。疲れたの一言です。試験の内容をほとんど覚えていないというありさまです。Hearingの問題で反省しているのが、ちょっと聞き逃すと、そこにこだわり、次の問題も聞き逃してしますという現象です。人間だから仕方がないのだろうけれど、どうしても集中力の隙間ができてしまいます。Readingでは時間の配分がわからなく、最後の2問はほとんど流し読みをして適当に答えたというような感じでした。これからTOEIC対策をしなければならないと考えていますが、はっきり言って対策などあるわけありません。試験に慣れるために出題方式を学ぶ程度でしょう。英語はそんなに甘くはないことも実感しました。毎日、毎日CNN等を聞き、文法を勉強し、読書に時間をかけ読解力をつけることしかありませんね。TOEICに高得点を得るにはこのようにしたら良いという近道は絶対にあり得ないでしょう。普段の地道な努力だけで、近道などあるわけありません。昔、ある英会話の専門学校でEvaluation Committeeのメンバーとして働きました。これはテスト内容の評価をする委員会で、どのようにしたら生徒の学力を正確に把握できるかが課題でした。どのような問題をだせば、ほんとうにこの生徒が勉強をしてきたのか?だた一時的に試験のために勉強してきたのか?を区別できるかの戦いでした。出題側の問題ですが、試験の対処法なるものがあり、それを学んだ人が高得点を得ることができるような問題を作成してはならないという規格に沿った問題をどのように作るかとの戦いでした。このTOEICもさすがにこの点は十分に考慮して問題を作成しているのがわかりました。私は試験問題を作成する側でしたが、作成する側もとっても頭が良いですよ。専門に問題作りをしていますので、そんじょそこらの対処法などに対処するすべを周知の上で問題作成を手がけているはずです。毎日の努力のみが唯一の対処方ですよ。

2005年6月25日(土曜日)
c0071733_1844349.jpg
TOEICの結果が届きました。期待していた900点に後一歩足りない875点でした。
結果内容は、
SECTION I (LISTENING) 440
SECTION II (READING) 435
TOTAL 875
PERCENTILE RANK 95.9
このPERCENTILEとは、昔偏差値を日本に導入するための委員会のメンバーだったので懐かしい単語に響きました。説明書によると、これは今回の受験生全体の上位4.1%内に入るとの意味だそうですね。良いのやら、悪いのやらよく分かりません。
初めての試験とは言え、自分の集中力の衰えにショックでした。時間の配分も難しいので、次回は気をつけて受験しようと思います。昔はある程度の仕事も、その日の内に残業をしてでも終わらせて、次の仕事に早く着手しようとしましたが、今では明日やればいいかなどとすぐ気力がなくなってしまいます。何でも若いときですね。少なくとも900点以上取れるまで挑戦します。次回は落ち着いて時間の配分等を上手に組みます。
[PR]

by luke-sumori | 2005-06-28 10:38 | コミュニケーション広場
2005年 06月 27日
通訳のお仕事?
昨日驚いたことに近い将来ロバート・デニーロが日本で映画を撮る予定があるとのことで、ある人物からその時に通訳をお願いするかもしれないとの話がきました。きつねにつままれたような話です。疑ってはその人に失礼になりますので、信用しておきます。

夢は膨らむ!
ロバート・デニーロがハンサム(昔は橋幸夫、そんなの知らないって?今は志村けんに似ていると言われています。)な私の英語にも関心し、おまえも映画に出てみないか?と誘う。
とまどいながらも表面ではしぶしぶOKする。
脇役ながら日本人としてのハリウッド映画デビュー。Luke Sumoriの名前が一躍日本で有名になる。
道を歩くたびにサインを求められ、沿道の若い娘が私を見るとキャーキャー騒ぐ。
やがてジュリア・ロバーツとの競演依頼がくる。

55歳のおじんになってもこんな発想をする自分は気が狂っているのでしょうね。驚き、桃の木、山椒の木。あっしがボブ・デニーロの通訳?たまには楽しい話が舞い込んでくるものですね。楽しみながら英語人生を歩んでいます。この記事を読んで大笑いしている君!これが実現して、知り合い顔をしても絶対無視!

2005年5月12日
昨日はホワイトハウス周辺の飛行禁止エリアに小型飛行機が飛来して、戦闘機とヘリコプターがスクランブル発進をしましたね。911以来アメリカもテロへの警戒が強くなっていますね。結局練習中の小型機が間違って侵入しただけでしたが、計器等の異常もあったようです。ホワイトハウスの職員全員が非難をするという大変なものでした。CNNを見ていてなぜかあわてた様子がおかしく見えてしまいました。日本は国会議事堂や皇居等の飛行制限はどうなっているのでしょうね。アメリカほど危機管理はできていないのかな?ホワイトハウスには地下にも設備があり、大統領等は緊急の場合はそこに非難することにもなっています。
[PR]

by luke-sumori | 2005-06-27 15:48 | コミュニケーション広場
2005年 06月 26日
究極のシンクロ
昨夜、おっかーの虫の居所が悪かったのか散々金魚のことで文句を言われた。まあ、いつものこと、逆らわないでご飯を食べた。1時頃寝床につき、自分なりに金魚売りも利己主義過ぎるかなと反省していると、となりで最初はスースー寝ていたのだけど、そのうちにガー、ゴー、ガゥー、ゴーとイビキがすさまじい。イビキをかく人はみんな上を向いて寝ている人が多いの知ってる?こんな質問をしている場合じゃない!散々文句を言ってフラストレーションを発散して、その後すっきりして気持ちよく寝ている。この水戸黄門はこんな不条理なことは許せねー!暴力大嫌いだし、口喧嘩で勝ったことないので、知恵を絞った。応接からティッシュを一枚(実際は二枚重ねになっていた)持ってきて、おっかーの口のところにそっと置くことを思いついた。ちょっと二重では危険かなと情け心が出て、1枚にしておっかーのでっけぇ口の上にそっと置いた。(ウッヒッヒ)

すると突然イビキが止まり、おかしなことにそのティッシュがふわり、ふわりと空中を浮遊。おっかーの息使いに合わせて上がったり、下がったり。おかしさをこらえながらそっと眺めていた。最初は呼吸と合っていたのだけど(これがまさしくシンクロナイゼーションの醍醐味)、どこかでずれた。ティッシュが口にびたっと張り付いた。静か、静か(シメシメ)。息使いさえ聞こえない。。。。。。。。。。すると突然、ガバッと起きた。ハアハア言いながら目をさました。その拍子に薄いティッシュはどこかにいっちゃった。(これがラッキーだった)無視できなくなったので、「どうしたん?悪い夢でも見たのか?」っと聞くと、「なぜか知らないけど急に息が出来なくなっちゃった。死ぬかと思った。。。。。」つかさず、「おれもたまにそんなことあるよ」って言うと納得してまた寝た。

私は布団をかぶって、おかしくて、おかしくて、クスクス笑っていました。

あー、胸がすっきりした。めでたし、めでたし。
注意:真似はしないでください。
厳重注意:決してティッシュを水で濡らして使わないように!

今日は残念ながら天気が悪かったので、金魚売りの活動ができませんでした。明日は晴れるので、実際に車の寸法を測り、金魚すくいセットをどの場所に設定するかを決め、それにあわせて桶をつくるか、既製品を買ってこようと思っています。(バカばっかり言っているとほんとうにおっかーに怒られるからね)
[PR]

by luke-sumori | 2005-06-26 16:36 | ぐうたら日記