2005年 06月 26日
究極のシンクロ
昨夜、おっかーの虫の居所が悪かったのか散々金魚のことで文句を言われた。まあ、いつものこと、逆らわないでご飯を食べた。1時頃寝床につき、自分なりに金魚売りも利己主義過ぎるかなと反省していると、となりで最初はスースー寝ていたのだけど、そのうちにガー、ゴー、ガゥー、ゴーとイビキがすさまじい。イビキをかく人はみんな上を向いて寝ている人が多いの知ってる?こんな質問をしている場合じゃない!散々文句を言ってフラストレーションを発散して、その後すっきりして気持ちよく寝ている。この水戸黄門はこんな不条理なことは許せねー!暴力大嫌いだし、口喧嘩で勝ったことないので、知恵を絞った。応接からティッシュを一枚(実際は二枚重ねになっていた)持ってきて、おっかーの口のところにそっと置くことを思いついた。ちょっと二重では危険かなと情け心が出て、1枚にしておっかーのでっけぇ口の上にそっと置いた。(ウッヒッヒ)

すると突然イビキが止まり、おかしなことにそのティッシュがふわり、ふわりと空中を浮遊。おっかーの息使いに合わせて上がったり、下がったり。おかしさをこらえながらそっと眺めていた。最初は呼吸と合っていたのだけど(これがまさしくシンクロナイゼーションの醍醐味)、どこかでずれた。ティッシュが口にびたっと張り付いた。静か、静か(シメシメ)。息使いさえ聞こえない。。。。。。。。。。すると突然、ガバッと起きた。ハアハア言いながら目をさました。その拍子に薄いティッシュはどこかにいっちゃった。(これがラッキーだった)無視できなくなったので、「どうしたん?悪い夢でも見たのか?」っと聞くと、「なぜか知らないけど急に息が出来なくなっちゃった。死ぬかと思った。。。。。」つかさず、「おれもたまにそんなことあるよ」って言うと納得してまた寝た。

私は布団をかぶって、おかしくて、おかしくて、クスクス笑っていました。

あー、胸がすっきりした。めでたし、めでたし。
注意:真似はしないでください。
厳重注意:決してティッシュを水で濡らして使わないように!

今日は残念ながら天気が悪かったので、金魚売りの活動ができませんでした。明日は晴れるので、実際に車の寸法を測り、金魚すくいセットをどの場所に設定するかを決め、それにあわせて桶をつくるか、既製品を買ってこようと思っています。(バカばっかり言っているとほんとうにおっかーに怒られるからね)
[PR]

# by luke-sumori | 2005-06-26 16:36 | ぐうたら日記
2005年 05月 26日
コケコッコー
おっかーとの戦いは今に始まったことではない。もう数十年のバトルの歴史を経て、未だにサバイバルゲームを楽しんでいる。どちらが先に心臓麻痺を起こすかという壮絶なバトル前線での物語である。
確かあれは新婚当時、当時はアツアツの二人であった。もちろんベッドはダブルベッド。(今は布団を2枚敷いて、間を1メートルは開けて寝ている。)ある新婚当時の夜中、“コッコッコッコッ.....”いう声で目を覚ました。となりで寝ているいとおしい妻が寝言を言っているのだ。あまり気持ちの良いものではない。“コッコッコッコッ.....”とつぶやいている。ちょっと興味があったので、そのままにしておくと、やがて“コケコッコー”と言い出した。それを何回も繰り返しているのだ。何だ、にわとりかと思いつつも、気が狂ってしまったのかと心配し、“どうしたのだい?”と聞くと、夢を見ていたとのことだった。

夢の内容
「悪い男に追われてたどりついたのが農家だった。必死に助けを求めるが、老婆だけがいた。その老婆に訳を話すと、急いでにわとりをいれるかごに入りなさい。そこで必死になってニワトリのまねをすれば、悪い男は気付かずに去っていく」とのアドバイス。それに従いカゴの中で必死に“コッコッコッコッ.....、コケーッコッコ、コッコッコッコッ.....、コケーッコッコ、.....」と永遠に鳴きつづけていたわけでした。

これは皆さんにはおもしろく聞こえるかもしれませんが、実際にそばで経験した私にとっては、ものすごく気持ち悪く、やはり死ぬ思いでした。もちろんその夜は一睡もできなく、次の日に寝不足での出勤となった。昼間に仕事をしていても、「コッコッコッコッ.....、コケーッコッコ!」の響きが頭から離れない。へたすると、自分も仕事中に、”コッコッコッコッ.....、コケーッコッコ”と言いそうになる。悪夢のような一日であった。そこから他のカテゴリーでお伝えしている復讐劇へと発展の一途をたどることになりました。
[PR]

# by luke-sumori | 2005-05-26 16:37 | ぐうたら日記
2005年 04月 27日
同時通訳者
昔の経験です。ある日同時通訳の先生に頼んで国際会議の同時通訳に同席させていただきました。大きな会議室で同時通訳のブースは二階から下の会議室が望めるようになっていました。ガラス張りで豪華な設備に驚きました。その当時のテープレコーダはリール式で、先生は必ず自分の通訳内容を録音していました。きっとそれを持ち帰り反省とかに利用していたのでしょうね。英語から日本語、日本語から英語とその当時は両方を一人で受け持っていました。1時間ちょっとの会議でしたが、マイクに向かってすらすらと英語や日本語が出てきていました。ほんとうにすごいと思いました。ある時、テープレコーダのテープが片方に巻き取られてしまいました。先生は動じることなく、通訳をしながらそのリールを逆にしていました。これにもびっくり。通訳以外のことをしながら同時通訳。神業としか思えませんでした。世の中には達人がいる。この目ではっきり見て、体が震えました。こんな経験は味わったことがありませんでした。自分は達人にはなれなかったけれど、このようないろいろな人々に出会えたことが刺激となり、英語の道も歩めたのだと出会いの大切さを今ながら実感しています。良い人に出会う、良い物に出会う、このことがとても大切ですね。たぶんブログも同じでしょうね。いろいろな出会いがありますが、良い人たちとの出会いが大切だと思います。
[PR]

# by luke-sumori | 2005-04-27 10:59 | 達人
2005年 04月 11日
生まれたー!
Baby先日(4月9日午前7時35分)初孫が生まれました。長男が生まれた当時はまだ会社を設立したばかりで、毎日夜中まで仕事、仕事で子供のオシメも取り替えた記憶がない自分ですが、年とって孫ができ少しは余裕もできたので孫は自分の子供よりかわいく見えるのでしょうね。子供大好き人間なのでこれからが楽しみです。親バカならずおじんバカですが写真も見てね。さあ、どしどし英語をしこまなければ(無理だって)!


c0071733_1023659.jpgc0071733_14255771.jpg









わたし“みゆう”です。女の子だよ。はじめてこの世の中に出てきたけど、英語、英語でいっぱいね。大きくなったらみんなの仲間にいれてね。
[PR]

# by luke-sumori | 2005-04-11 10:06 | コミュニケーション広場
2005年 04月 08日
I wan to master English.
チョットCNNの表現から離れます。

最近、あまりにも以下のようなキャッチが氾濫しているのでちょっと反乱(しゃれてみました)

聞いているだけで英語が話せるようになる?

3ヶ月で英語が身に着く?

6ヶ月で英語のマスターを?

トラさんじゃないけど、“何をぬかすか菜っ葉のこやし!”こんな文言は30年も前から聞いているし、飽き飽きだし、それで英語が話せるようになるなら苦労はしません。(英語が話せるの度合いによりけりですけどね。How are you? I am fine, thank you.だって英語を話していることには間違いはないけどね)バカみたいとしか言いようがありません。

昔、私が先生に“I want to master English.”と言ったら、先生に“Impossible!”と言われ、そんなに簡単にmasterと言う言葉を使うなと怒られました。それほどmasterというのは重い意味があるそうです。日本人は平気で英語をマスターしたいね。なんて軽く使っていますけどね。一生マスターと言う言葉は使うなとどやされました。(余談ですが)
[PR]

# by luke-sumori | 2005-04-08 09:58 | コミュニケーション広場
2005年 04月 07日
急がは回れ
急がは回れ。

Slow but steady wins the race.


このSteadyが大切ですね。ちょっとしたアドバイスですが何でもかんでも英語の勉強をすればよいのではありません。無駄を無くすためにも分野を絞ると良いです。
通訳や翻訳にもいろいろな分野があります。来年5月に大きなイベントが群馬であり、その同時通訳者を私の方から派遣するかもしれません。医療関係の同時通訳者なので料金も大変です。一日10万円ちょっとかかります。それより大変なのが医療関係の同時通訳者が全国にも数人しかいないということです。逐次通訳者は同時通訳者より値段が安いように思われていますが、基本的には同じ金額です。英語の力を買うのではなく知識を買うからです。このように分野でのエクスパートになるための勉強をお勧めいたします。観光ガイドになるならば地理や歴史を英語で勉強する。これが一番近道ですよ。少しずつ毎日の勉強が大切ですね。ちょっと先輩ぶってアドバイス。失礼しました。がんばってください。
[PR]

# by luke-sumori | 2005-04-07 10:16 | コミュニケーション広場
2005年 04月 05日
モナリザの嘆き
この恐怖を味わうには注意書きをよく読んでくださいね。

DOSモードで動作しますが、バグ等も無いことは実証済みですので安心して楽しんでください。不明なファイルとポップアップで警告が出ますが、実行しても大丈夫ですよ。長年実行してきたEXEファイルです。ファイルは保存しないで「開く」を選ぶだけで動作します。


Doomsday, Armageddonを味わってみる。(怖いぞー、心臓の弱い方はご遠慮ください。)


審判の日、ハルマゲドンを味わってみる。
[PR]

# by luke-sumori | 2005-04-05 11:09 | 英語の冗談集
2005年 04月 05日
Pope John Paul II
But the impossible did happen.


しかし不可能なことが現実に起こった。(奇跡が起きた)


この文からは二つのことが学べます。一つは "the + 形容詞"です。これは名詞となります。他の例としてはthe poor (貧しい人々)、the rich(お金持ち達)などがあります。

もう一つはhappenedではなくてdid happenを使っています。これは強調を表しています。例えば、I did meet her. 絶対彼女に会っているよ。などに使います。

よく使うおもしろい表現としては、I don't know nothing.一見二重否定に見えますが、これは“僕は何も知らないってば”の意味です。これも強調でのnothingと理解してよいでしょう。厳密に文法的に解釈すると間違った英語になりますが、言葉は生き物です。文法だけでは解決できないことが沢山あります。
[PR]

# by luke-sumori | 2005-04-05 09:14 | コミュニケーション広場
2005年 03月 30日
めんくらっている
I am really flabbergasted.

私はほんとうにめんくらっています。

今、アメリカでは安楽死の問題で国民の意見が二分されて大騒ぎをしています。その中の一言です。もうすこし詳しく書きます。ある女性が植物人間状態で長く入院しています。それをみかねた夫がかわいそうなので安楽死を望みましたが、その女性の両親がそれに反対しました。これが大問題となり安楽死の大問題となっているわけです。私もコメントできないくらい難しい問題ですね。ただかわいそうにとしかいえません。

flabbergastedには俗語で酒に酔っているとう意味もあります。
[PR]

# by luke-sumori | 2005-03-30 10:15 | コミュニケーション広場
2005年 03月 28日
契約書・同意書類の表現
契約書や同意書等の表現は非常に難しいものです。間違いがあったら訴訟にもなりかねない大変重要なもので、今まで一般公開はあまりされてきませんでした。あえてこのサイトに公開いたしますが、趣旨はあくまでも英語の勉強に役立てるためです。掲載してある契約書等を雛型として使用した場合や一部、または全部をコピーして使用してもかまいませんが、その内容の瑕疵、間違い、不備等による損害を受けた場合にも当社は一切の責任は負いませんのでご注意ください。あくまでも英語を勉強している方々のために役立つことを目的としておりますことをご理解の上、注意してご利用ください。


商取引に関する契約書や同意書の勉強に役立てる
PDFファイルでできております。100ページ程度なのでそれほど重くはないと思います。

また、訳文の間違いや英文の間違い等お気づきの点がございましたら、ご遠慮なくお知らせください。よろしくお願いいたします。
[PR]

# by luke-sumori | 2005-03-28 19:36 | 契約・同意書類の表現