2005年 03月 16日
冗談とは言っていられない
昔のことですが、まだ英会話をはじめたばかりのころ、外人と友達になりたくてやっと一人のアメリカ人と出会いました。そこで、


I wan to be your intimate friend.(私は貴方の親友になりたい。)

と言いました。答えはNoでした。日本の辞書もしっかりしてください。親友を引くとInitimate Friendと書いてあるではないか?これで大恥をかいた。

確かにIntimateは親しいという意味だが、どっこいこれは非常に緊密な関係(肉体関係等)に使います。上の文はある意味では"私は貴方とホモの関係になりたい”となってしまう。これで相手がNoと答えたのは明白。辞書も当てにならないとほんとうに思いました。こんなはずかしい思いは二度といやですね。でも失敗は成功のもとだよね。(ほーんとうにはずかしかったのなんのって)冗談じゃねぇ!

余談ですが、最近日本人もI wanna be your good friend.とwanna (want to)を使う人がいますが、もちろん正しい英語です。しかし、英語がある程度上手な人のみ使ってね。たどたどしい英語を使っていて、きゅうにI wannaなんて使うとおかしく聞こえます。
[PR]

by luke-sumori | 2005-03-16 10:51 | 英語の冗談集


<< 上段      中段 >>