2005年 03月 23日
上段
さて、初段では会話を中心に勉強することを伝授しましたが、上段では読むことを中心に教授いたします。本を読むといっても何の本でも良いわけではありません。この道場では日常会話を中心に会話ができるようになることを目指すようにしています。特殊な勉強をする方はその分野の本を読むようにしてください。

本の選び方
● あまり難しいものは避ける。(例:宗教的なもの、宇宙に関するもの、未来に関するもの、地底に関するもの等)
● 会話形式の本を探す。(例:ペリーメイソン・シリーズ、これは特にお勧め。ほとんどが会話形式になっており探偵小説なので面白いです。私もこれでボキャブラリーを増やしました。
● 分からない単語は必ず調べる。さらに分からなかった単語は辞書に赤い線を引いておく。再度単語を調べたときにその単語に赤い線が引いてあったら過去に調べた証拠。自分の覚えの悪さを嘆くようにする。辞書を一冊だめにしてもその価値十分あり。
● 何でもネットでできるようですが、上記の赤線を引いておくことなどはアナログでしかできないかもしれません。何でもデジタルの世界になってしまってもつまらないしね。
● あまり厚い本は避ける。(途中であきてしまう恐れあり)
● 可能ならばアメリカの小中学生用の教科書を手に入れる。そこで算数、理科等を学ぶ。以外と算数等の表現が英語でできない人が多いです。自分の小学生時代を再現できて楽しく勉強できるかも
[PR]

by luke-sumori | 2005-03-23 09:45


<< 男の人だけ読んでね      冗談とは言っていられない >>